会社・仕事を辞めたい人の転職ガイド

会社・仕事を辞めたいと考えていませんか?

 

会社・仕事を辞めたいと悩んでいる人も多いでしょう。

 

ですが、そう考えていてもなかなか実行できないものなんですよね。

 

辞めたとして転職先があるのか、そもそも辞めてしまっていいのか等々・・・

 

いろいろな考えがぐるぐる頭の中を回り、整理できずに苦しい思いをしていると思いますが、そこは一息入れて落ち着きましょう。

 

ここでは、そんな悩めるあなたに役立つ情報を発信していますので、参考にしてみてください。

 

会社を辞めたい理由を整理してみましょう

 

ただ単に会社を辞めたいと思うだけでは、解決策は見えてきません。

 

また、会社を辞めるきっかけは案外こんなこと?っていものなんですけど、それはいろいろな理由が積み重なっているからです。

 

人間関係であったり給与であったり、仕事内容であったり、それぞれがボディーブローのように効いて最終的に辞めたい!って思いが大きくなるんですよね。

 

なので、一つ一つ整理して冷静に分析することが必要です。とはいえ、なかなか考えを整理していくのは難しいんですよね。

 

そこで、ここからは自分が会社を辞めたい理由を考える際の軸になる項目を簡単にご紹介します。

 

職場環境(人間関係)はどうですか?

 

職場環境というのは、非常に重要です。それはもちろん、取引先なども関係してきます。

 

例えば、職場に一人嫌な奴がいる者の周りの人もその人を嫌っている、といったパターンはガマンできることが多いです。

 

ですが、それが上司だったらたまったもんじゃないですよね。

 

また、お局様がいてその人にいじめの標的にされてしまうなど、人間関係しだいでその職場が天国にも地獄にもなります。

 

職場の待遇はどうですか?

 

職場の待遇の中でも大きいのが、お金だと思います。

 

例えば、休みが少なくても多くのお金がもらえればなんとか我慢できることもあるでしょう。

 

また、残業代が全くでないのに労働時間がひどく長いなどの場合、辞めたいと考える人も多いと思います。

 

仕事のやりがいはどうですか?

 

仕事のやりがいというのは非常に重要です。

 

自分の時間の大半が仕事に使われるわけですが、その仕事にやりがいを感じなければ非常に苦痛ですよね。

 

やりがいがあまりなくても待遇が良ければいい、といったパターンなども考えられますが。

 

思っていることをすべて書き出してみるとスッキリしますよ

 

他にも会社を辞めたい理由というのはいろいろ出てくるでしょう。

 

そこで、思い切って一度会社を辞めたいと思う理由をすべて書き出してみてください。

 

そして、それをグルーピングしてまとめてみるといいでしょう。誰に見せるでもないんですから、どんな些細なことでも書いておくといいですよ。

 

それだけですっきりしますし、なぜ会社を辞めたいのかより明確になります。

 

会社を辞めるかどうかの判断ポイント

 

会社を辞めるべきかどうかの判断は、時間をかけてじっくり行うのがポイントです。

 

直感で辞めて成功したとかそういったパターンもききますが、うまくいくのは一部ですからね。

 

辞めたい理由を冷静に分析してみる

 

上では会社を辞めたい理由を明確にすることが大切だと書きましたが、それが終わったら細かく分析していきましょう。

 

辞めたいと思う大きなポイントは何処なのか、それは改善可能・将来的に改善されるのかなど。

 

例えば、給与が安い場合は昇進することで求める給与がもらえるのか、などです。

 

同業他社の状況をチェックする

 

同業他社がどういった状況なのかもチェックしておくといいですよ。

 

転職経験が豊富でもない限り、ほかの会社のことなんてよくわからないですから。

 

同業他社の状況を知ることで、今は転職しないほうがいいとか自分は実は恵まれていたからこの会社でもっと頑張ろう、といった考えになるかもしれませんよ。

 

なお、調べ方としてはほかの会社の人に話を聞くのが早いんですが、なかなかそう簡単にはできませんよね。

 

そこでおすすめしたいのが、キャリコネ転職サービス(年収・企業口コミサイト)です。

 

このサービスを利用すれば、実際にその会社で働いている人の基本給であったり賞与のほかに福利厚生など年収のリアルな状況や、社風ややりがいなどについても知ることができます。

 

⇒ 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービスはこちら

 

自分の置かれている状況はどうですか?

 

転職で忘れてはいけないのが、自分の立ち位置を知るということです。

 

それは、転職市場での価値以外にも家族がいるのかどうかや、自分がどれくらい稼がなければいけないのかなどなど。

 

独身でほかにあなたのお金が必要な人がいなければ自由度も高まりますが、そうでないのならあなたの思いだけで突き進むわけにはいきません。

 

また、自由度があると言っても退職してからある程度生活していけるだけの資金などがないと、焦って変なところに就職してしまうことなども考えられます。

 

なので、会社・仕事を辞めたいと思って実行に移す場合も一呼吸おいて、自分の置かれている状況をもう一度しっかり分析することが大切です。

 

⇒ 転職するなら孤軍奮闘は避けましょう

 

転職の準備はしておく

 

なんとなく転職したいけどどうかな、まだもう少し様子見をしようかなという場合も、準備だけはしておきましょう。

 

準備をしておくことで行動にも移しやすくなりますからね。また、転職はタイミングなどもありますから、いざというときに動けないのでは話になりません。

 

なおここからは、転職準備に利用したいサービスをご紹介します。

 

リクナビNEXT

 

言わずと知れた転職サイトの大手で、求人数や転職ノウハウなども数多く用意されています。

 

また、転職市場での自分の価値を分析できるツールなども用意されているので、登録していろいろと試してみるといいですよ。

 

⇒ リクナビNEXTはこちら

 

MIIDAS(ミイダス)

 

200万人の年収データが用意されており、それをもとにあなたの転職市場での価値などを分析してくれるサービスです。

 

また、7万人の転職実績をもとに、あなたと似たような状況の人と比較することもできるので、これからの転職活動の指針にもなるんですよ。

 

それと、ユニークなのが面接確約オファーです。質問に答えるだけであなたの情報を登録し、それを見た企業から面接が確約されたオファーが届くんですよ。

 

文章入力が不要で質問に答えていくだけなので、一度試してみるといいでしょう。

 

⇒ 市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

また、上記のほかにも自分の市場価値、立ち位置を分析できるサービスがあるので積極的に活用しましょう。

 

詳しくは、下記リンク先ページで解説しています。

 

⇒ 転職を考えているなら自分の市場価値を知っておきましょう

 

思考停止だけは絶対避ける

 

会社や仕事を辞めたいと悩むということは多少なりとも追い込まれている側面があります。

 

そうなるとなんでもいいからとにかく今の会社・仕事を辞めたい!となって、思考停止になりがちです。

 

それが絶対に悪いとは言いませんが、そのまま行動に移すと多くの場合後悔することになるでしょう。

 

なので、会社・仕事を辞めたいと思ってもすぐに行動に移すことはせず、一度冷静になっていろいろと分析するようにしてください。